久しぶりにカメラを片手に

一時、日本はコロナ感染者数上位の時もあったんですが

今では世界で30位以下まで落ちたそうです。

それほど他の国での感染者数が増えたそうなんですが、、

なんでも子供の頃に受けたハンコ注射、いわゆるBCGがコロナの抵抗を作ってるそうです。

ヨーロッパやアメリカではBCGは選択制らしいですね。

むしろそっちの方がびっくり

川田です。

 

 

鍵井靖章氏によるフォトセミナー開催

写真家さんが直々のレッスン!

今だからこそできる特別セミナーです

ぜひご参加ください。

詳細はこちらから

 

 

少人数のファンダイブだったこともあって久々に一眼を持って海に入りました。

やっぱり串本の海は被写体が多くていい意味で困っちゃいます。

時間が足りない!

少し春濁り気味になってきたので今回はマクロです。

しばらく居続けけてくれている蛍光イエローのカエルアンコウ。

コンデジでも撮れちゃういいサイズです。

 

ニシキウミウシは海の華、カンザシゴカイと一緒

華やかなシーンでした。

 

古座でも串本でもくぼみを探すと大体見つかるオキナワベニハゼ

南方の海だからこそ見れる生物でじっくり撮るとなんとも可愛らしい顔

 

だ・る・ま・さ・ん・が転んだ!!

なかなかひっからないイソカサゴ

仲良しペアです。

 

モヒカンが印象的なコケギンポですがよく見たら鼻毛も出てるんですよ。

見つけるとついついとっちゃう被写体の一つ。

 

ウミウシもたくさんいました

ピカチューは今年豊作!?

2ダイブとも数個体は観察

 

まだいてくれたサガミアメフラシ

このピンクの体色に海藻アヤニシキの独特な色合い

海藻が徐々になくなってきたので今ぐらいが見納め。

 

マクロ好きならこの時期絶対撮ってほしいシーンの一つです。

 

このウミウシは、、、?

センテンイロウミウシですかね?

それにしても鮮やかな色をしたウミウシ

さすが海の宝石と言われてるだけのことはあります。

 

小さいものは明るく撮り気味なんでイットウダイの赤は黒抜きで

水温が下がると固まる魚たちが多いので、この時期群れとしても撮りやすいです。

もう少し動いてくれるとありがたいww

 

キンギョハナダイにもちゃっかり映り込むイットウダイ

ハナダイ撮ってる時が一番面白くて好きかも!!

なんか射撃してるみたいな感覚!

射撃ってしたことないんですけどねww

 

海の色が緑でも場面を切り取ってしまえば濁りなんて関係ない

だからマクロは面白いんですよね。

おんなじ海とは思えない!!って感じていただければマクロ写真の楽しさが少しはわかってもらえるかなと思います。

マクロに透明度はほとんど関係しないんです。

ちなみにこの日は透明度は8mぐらいでした。

 

りゅーとが久々に潜りに来てくれた

めちゃめちゃ嬉しい!!

こっからまた楽しく遊んでいこう!!

 

 

屋久島ツアー開催決定!!

海に山に屋久島を全力で楽しもう!!

ナイトダイビングも予定しています!!

詳細はこちらから

 

 

 

ARK Diving Shopの日々の情報 Facebookページはこちら

いい写真があったら更新するよ Instagramはこちら

ARK Diving Shopの公式LINE@ 友だち追加数

―――――――――――――――――――――――

大阪・梅田のダイビングショップ|ARK Diving Shop

器材販売からダイビングライセンス取得のためのスクール、ダイビングツアーまで

スキューバダイビングのことならなんでもお任せください。

大阪駅、梅田駅からすぐだから京阪神からのアクセスも良好

無料説明会も随時開催中!!

大阪市北区豊崎1丁目4−5 102

06-6225-8206

info@ark-diving.com

―――――――――――――――――――――――