古座らしい海って?

ついに和歌山でのウェットスーツを解禁しました!!

初めはひんやりしますが、しばらく潜ってると気にならない程度に

ただワンピースの方はフードベストや、インナー、アウタースーツがオススメ!

ドライスーツが最も快適なのも今ぐらいです。

全員がウェットで楽しめるのは多分6月後半ごろ

そろそろ衣替えの準備をしてください。

川田です。

 

 

シーズンオフのドライスーツはクリーニングに出して保存しましょう!!

繰り返し使ったドライは汗や汚れで雑菌が繁殖

また、置いておくだけでもゴムは硬くなっていきます。

内、外をシャンプーで洗い、柔軟剤につけて保存するとスーツの寿命もアップ!!

今シーズン水没した方は必ず出してね!

詳細はこちらから

 

 

元気ハツラツ!!

気温も30度に届きそう

そんな絶好のダイビング日和にやってきたのは古座

初メンバーからベテランダイバーまで

スタートの景気づけに1本!!

 

本日は低気圧のうねりもありましたので上の島を2ダイブ

透明度は1-8m

最近透明度が高く調子のいい(悪い?)古座の海が多かったので久しぶりにホームに帰ってきたな感がありましたよ

 

透明度が良くなくても楽しめるのが古座の海

生物も豊富だし、見栄えもとっても綺麗

2本同じポイント潜ってもワクワクが変わらず、楽しめる海ってなかなかないです

 

浅場にはアカゲカムリ

1匹だけじゃなくて3、4個体います

極小は1cm満たないやつから3cmくらいの大きな個体まで

 

ミナミギンポもおうちからダイバーに笑顔で挨拶

 

今年はどこでもよくみます。

ゾウゲイロウミウシ

普段は結構レアなウミウシなので今のうちにいっぱい撮っといてください。

 

 

少し水深をとると古座では珍しいクマドリカエルアンコウ

どこの海でもたまに出ますが、古座ってゆう環境で写真を撮れることが珍しいんです。

 

 

アカホシカクレエビはここでは定番種

だいぶ大きくなってきました。

 

 

ホヤの青とニシキウミウシの赤

バックの古座グリーン

こういった写真も古座でしか撮れないよね

 

ウチワやウミカラマツを探すと高確率で出会えるのがオルトマンワラエビ

1つのホストに2、3個体ついていることもあります。

たらだが小さいからピントを合わせるのが難しい。

奥のホストにピントがいかないように注意して撮りましょう

 

 

くぼみを探せば必ずいる!

イチモンジハゼ

地味ですがハゼの割には結構寄らせてくてるのでアプローチの練習がしやすい被写体です。

 

 

めっちゃいいところにいてくれたのはベニゴマリュウグウウミウシ

透明度が低くても瞬間を切り取ればこんなに綺麗で透明感のある写真に

TG5とストロボだけで撮れます。

海の中じゃないみたい

古座がカメラダイバーに人気な理由がこれなんですね

 

 

なおちゃんのバースデーもお祝いしました。

久々の古座グリーンを堪能した今回のファンダイブ

なんかホームに帰ってきた感があって落ち着いたなー

どんな条件の海でも楽しめる感性はとっても大事やで!

 

 

6月のファンダイビングは全部行きます!!

和歌山、日本海のレギュラーポイントを全て網羅

この時期しかこんなスケジュールはうてないかもしれません。

ぜひ、行きたい海の日をチェックしてください。

スケジュールはこちらから

 

 

ARK Diving Shopの日々の情報 Facebookページはこちら

いい写真があったら更新するよ Instagramはこちら

ARK Diving Shopの公式LINE@ 友だち追加数

―――――――――――――――――――――――

大阪・梅田のダイビングショップ|ARK Diving Shop

器材販売からダイビングライセンス取得のためのスクール、ダイビングツアーまで

スキューバダイビングのことならなんでもお任せください。

大阪駅、梅田駅からすぐだから京阪神からのアクセスも良好

無料説明会も随時開催中!!

大阪市北区豊崎1丁目4−5 102

06-6225-8206

info@ark-diving.com

―――――――――――――――――――――――