北から南に大移動

先月は月の半分くらいを関西以外で過ごした。

そんなことができるようになったんあだなーと感慨深く思ってはいたものの

いざ、帰ってきてみると山のように積み重なった仕事たち

調子乗った、、、、まだまだ早かった、、、、

川田です。

 

 

ケータのケータリングパーティー!!

新鮮さって大事ですよね。

こんなおしゃれなイベントを開催

みんな集まれー!!

詳細はこちらから

 

 

函館から帰ってきた次の日、僕がいたのは奄美大島でした

男四人の旅

年の差なんて関係ない!

男同士だからこそ気兼ねなく遊びに没頭できる時があるんです!!

奄美のヘビーリピーター太一を中心に、初めての奄美、西灘さんとガッキー

到着後すぐさま海へ繰り出す!

奄美大島まだ潜ったことない方は素敵な海なんだと少しでも伝われば嬉しいです。

 

 

僕は結構この写真が好き

まるで砲塔に宙に浮かぶ太一

きょらサンドは開放感あふれるポイント

南国らしい透き通った海に心が癒される

これでもビーチポイント

奄美大島はビーチポイントがほんとすごいんです。

 

自然の偉大さを肌で感じる左門の美しさ

写真家の越智さんが今まで潜った中での指折りの気持ちのいいポイントにこのきょらサンドが選ばれているそうです。

日常のことを全て忘れられるほどの居心地の良い空間

 

 

生物に注目が行きやすい海の中ですがこうやって水中を何も考えずに漂う史観ってほんとに至福の時ですよね

 

サンゴ達が水中を彩る。

 

そんな空間で今年も太一のサプライズバースデーを敢行!

やっぱり誕生日は奄美ですねと言わんばかりの表情

来年の誕生日も奄美ですよ!!

そう、誓った太一なのでした

26歳おめでとう!!!

 

 

2本目は倉崎ビーチへ

このポイントビーチながら生物層がとっても豊富!!

水深も浅くて誰でも潜れるポイントの1つです。

 

和歌山では絶対見れないハナヒゲウツボの幼魚

子供の時はこんな感じで黒いんですが大人になると、、、

 

なんとこんな鮮やかな姿に大変身!!

世界で一番美しいウツボ!

子供の頃は警戒心が強くなかなか寄って観察するのが難しいですが、このくらい大人になると近くまで寄って観察することも容易!!

幼魚と成魚が同時に見れるのも今だけ!!

 

これも珍しい光景

クマノミとハナビラクマノミが同じイソギンチャクに!!

お互いどんな気持ちなんやろ、、、?

 

そんなクマノミ

今が産卵のシーズン

イソギンチャクの際には卵がびっしり

この卵はもう発眼してるのであと数日程度で元気な赤ちゃんがいっぱい生まれてくるでしょうね

 

こちらも卵をお腹いっぱいに抱えたバブルコーラルシュリンプ

人間が近ずくと必死に隠れようして卵を守ります

 

 

今の時期はウミウシダイビングも面白い

こちらはホシゾラウミウシ

すごく綺麗な名前です

ウミウシって1000種類以上いてユニークな名前が多いのも特徴的

自分のお気に入りの名前のウミウシを皆さんも見つけてみてはいかがですか?

 

飛行機で1時間半

到着後、昼から2本潜れる奄美大島は遠くて近い離島

時間のあまり取れない方でも気軽に来れるリゾートって感じで僕はとっても好きです。

 

 

夜は居酒屋で調子に乗って東大チャーハンを頼みましたが想像以上の大きさに撃沈

男四人やしいけると思ってんけどなーww

 

 

最後はケーキで太一のお祝い

暖かい、奄美大島の人たちはほんとに暖かいわ!

奄美はARKのツアーの中でも最もリピート率が高い場所の1つ

なぜかって?

それは行ってみなんとわからないでしょ!

でも、行ったら必ずわかるから

また戻ってきたくなる場所、それが奄美大島の海なのさ!

 

 

GW予定はお決まりですか?

今年はミドルツアーが2つも!!

北に南に

あなたはどっちに行く?

詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

ARK Diving Shopの日々の情報 Facebookページはこちら

いい写真があったら更新するよ Instagramはこちら

ARK Diving Shopの公式LINE@ 友だち追加数

―――――――――――――――――――――――

大阪・梅田のダイビングショップ|ARK Diving Shop

器材販売からダイビングライセンス取得のためのスクール、ダイビングツアーまで

スキューバダイビングのことならなんでもお任せください。

大阪駅、梅田駅からすぐだから京阪神からのアクセスも良好

無料説明会も随時開催中!!

大阪市北区豊崎1丁目4−5 102

06-6225-8206

info@ark-diving.com

―――――――――――――――――――――――