夏の与那国はこんなところ

ここ数日で花粉症の症状がひどくなった方はヒノキらしいですよ

今年は杉は大したことなかったそうですが、ヒノキが相当くるそうです。

花粉症第二ラウンドの始まり始まりー!w

川田です。

 

そんなのかんけぇね!!

花見やるぞ!!

食べて飲んで昼寝しようぜ!!

マスク外せへんけど!!w

詳細はこちら

 

 

この前行ってきた与那国島

海底遺跡やハンマーヘッドシャークのシーズンは確かに冬

日本国内でも年中ウェットて潜れる数少ない場所

なので毎年冬にしか行ってなかってんですが、何やら実は夏も楽しそう

夏は冬より日が高く、特に地形ポイントはは上から注ぐ太陽の光が抜群の透明度と相まって特別幻想的

地形といえば宮古島ですが、僕は声を大にして言いたい

地形を楽しむなら与那国島だと!!

 

ビーチに入れば橋の反対側まですっぽり見える透明度

夏場は特に透明度がよく50m近くは見えるそう。

 

 

ここに潜りたい!!

ブルーホールやグロットなど海外の有名地形ポイントと比較しても引けを取らない!!

なぜこんな綺麗なポイントが有名にならないのか!!

それは移籍、ハンマーが有名で表に出てこないだけ!!

そしてまだまだ島が他の島に比べて有名になってないからなだけ!!

 

 

逆にいえば与那国は穴場スポットだってことですよ!!

観光客が少なくて、自然が豊か。

もはや日本最後の自然の楽園かもしれません。

特にダイバーにとっては!!

 

 

驚く方がいるかもしれませんが、与那国のダイビングは冬が最もピーク

夏場は閑散期になります。

通常夏んもうみはどこに行っても人人人!!

こんないい海で他の人もおらず海を独占的に潜れるって最高じゃないですか?

 

 

そしてもう一つ!!

実は夏場にしか潜れないポイントにも海底遺跡が!!

これは本当に潜ってる人少ないし、まだ有名にもなってないので特別感を味わえること間違い無し!!

 

遺跡を潜って満足してしまってるあなた!!

ハンマー見て満足してしまってるあなた!!

与那国は一回で満足できるところじゃない!!

 

 

 

もちろん地形だけじゃなりません!!

大物からマクロまで!

夏場、時間があるからこそできる与那国のまったりダイビング!!

バラクーダやギンガメアジの群れはもちろん、現地の情報によるとナポレオンが16匹も群れて泳いでいたとか

 

マクロに目を向ければピグミーシーホース、アケボノハゼ、ヘルフリッジなど激レア生物

極め付けは日本ではほとんど観察されることがないアオマスクが常に見れるとのこと

これはもう日本の海って域を超えてますね。

海外の海といっても過言ではない!

それくらい桁外れの潜在能力を誇るのが与那国の海なのです。

 

ダイビング後はみんなでBBQしませんか?

真夏の太陽の下で飲んで食べたら最高だと思うんですよ!!

 

そしてついにうちも夏の与那国島ツアーを計画します!!

予定の日程は9月の2週目もしくは最終週の土日を絡めた4日間を予定しています!

透明度50mの海でナイトダイビングするのもいいかもしれませんね

この四日間に夏をぎゅっと詰め込んだツアーにしようと思ってますよ!!

今から待ち遠しいなー!!

誰か一緒に行きませんか?

エントリーお待ちしていまーす!!

 

 

カニを食べに行こう!!

4月の14日は竹野に変更!!

ファンダイブのスケジュールを変更しましたので

チェックしてくださいねー!!

詳細はこちら!

 

 

 

 

 

 

ARK Diving Shopの日々の情報 Facebookページはこちら

いい写真があったら更新するよ Instagramはこちら

ARK Diving Shopの公式LINE@ 友だち追加数

―――――――――――――――――――――――

大阪・梅田のダイビングショップ|ARK Diving Shop

器材販売からダイビングライセンス取得のためのスクール、ダイビングツアーまで

スキューバダイビングのことならなんでもお任せください。

大阪駅、梅田駅からすぐだから京阪神からのアクセスも良好

無料説明会も随時開催中!!

大阪市北区豊崎1丁目4−5 102

06-6225-8206

info@ark-diving.com

―――――――――――――――――――――――