時代は進化してるよね

今日から週明けまで雨っぽいね

水温は24度とそこまで冷たくはないけど

陸のことを考えれば、こういう時はドライの方がいいかも

川田です。

 

 

11月ファンダイブのお知らせ

冬季限定の内浦ビーチもオープンし

俄然面白くなって来た、和歌山の海

日帰りファンダイブでダイビングを楽しもう

→ファンダイブスケジュールはこちら

 

 

もうすぐすればドライシーズン

特にカメラをお持ちの方は楽しいシーズンに入って来ますね

半年だけの限定ポイント、須江の内浦はもうすでにオープンしてるし

白浜の沈船にはウミウシがたくさんついて来て、2ダイブでは足りない!!

ってなるのもこれからの時期です。

 

写真を綺麗に撮るにあたってとっても重要なのがライト、光です。

みなさんが一番イメージしやすいのが水中ライトなんじゃないでしょうか?

最近は光量が大きくて、とっても便利なライトがどんどん出てきています。

今回は、今からの時期に必須のライトをご紹介!

特にフィッシュアイ製のライトに絞ってみました。

 

 

フィッシュアイ製のライトといえば、何と言っても王道の『FIX NEO』

ガイドの方も愛用する一番有名商品です。

特にここ最近では、このライトの進化も著しく

まず水中ライトでありながら、防水機能が備わってるため水没での故障がほとんどありません。

僕もこれを使って数百本潜ってますが、水が入ったなんてことはありません。

 

 

さらには正面にディスプレイがついており1%単位での光量の調整が可能

もちろん電池の残量もディスプレイで確認できるため、残量が少なければライトの光量を下げるなんてこともできます。

誤作動を防ぐ、ロック機能付き

 

 

『FIX NEO』には5種類も光量や、機能の違うライトがあり、個々の必要性や用途に応じて使うことができる。

 

『FIX NEO 3000 DX Ⅱ』 大光量3000ルーメン

『FIX NEO Premium 2200 DX Ⅱ』 写真撮影に特化。被写体のよりリアルな色彩を演出

『FIX NEO 1500 DX SWR Ⅱ』 光量の高い1500ルーメンの光を、ワイド、スポット、レッドライトに切り替え可能

『FIX NEO 1000 DX SW Ⅱ』 1000ルーメンでワイド、スポットに切り替えれるスタンダードタイプ

『FIX NEO 1200 DX BLUE』 撮影時の着色や、流行りのフローダイビングが楽しめる。

 

2種類のライトを使いたい時なんかは2つ持たないとダメなの?って方もおられるかもしれませんが、

実はこのライトはヘッドの部分だけ交換すれば他のモデルのライトを使えるといった優れもの。

なので欲しくなったら、後からヘッドを買い足すだけで、機能の違ったライトを使うことができます。

 

 

そして、手の小さい女性の方や、カメラを大きくしたくないって方はサイズ感も重要ではないでしょうか?

FIX NEO』はとってもコンパクト

手にすっぽり収まる大きさで、重たさもほとんど感じることはないでしょう。

 

購入時には付属パーツでハンドグリップやYSベース、ボールベース、GoProアダプターまで付いてくるので

後から何かを買い足さないと使えない!なんてこともありません。

 

 

長く使え、機能性、携帯製もバッチリな水中ライト。

これを持って、これからシーズンを楽しく過ごして見てはいかがですか?

明るい世界はダイビングをより楽しくするぞー!!

 

 

そんなフィッシュアイ製水中ライトが安く手に入る

10月限定で水中ライトを、どこよりも安く販売いたします!

今がチャンス!!絶対逃さないで!!

→詳細はこちら

 

 

 

 

 

ARK Diving Shopの日々の情報 Facebookページはこちら

いい写真があったら更新するよ Instagramはこちら

ARK Diving Shopの公式LINE@ 友だち追加数

―――――――――――――――――――――――

大阪・梅田のダイビングショップ|ARK Diving Shop

器材販売からダイビングライセンス取得のためのスクール、ダイビングツアーまで

スキューバダイビングのことならなんでもお任せください。

大阪駅、梅田駅からすぐだから京阪神からのアクセスも良好

無料説明会も随時開催中!!

大阪市北区豊崎1丁目4−5 102

06-6225-8206

info@ark-diving.com

―――――――――――――――――――――――